RECOMMEND
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
数年後、自分で見返すことがあったらそれも面白いんだろーな。「今」という時間を生きる自分の心情を刻んでいこう。・・・コトバで表現することを疎かにしないためにも◎

JINやっちゅーねん!?

<< 模擬国連「関西大会レビュー」 | main | あーあー。テスっテスっテスト期間中。。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
模擬国連「ベスデリ論」
ベスデリとはベストデリゲートの略である。
通常会議においてもっとも貢献した人に与えられるものだが、その「貢献の仕方」と「貢献したことへの見方」はでぃれくをはじめとするフロント陣が公平でありながらも独断で決めるものだと、今更ながら改めて認識できた。

とはいうが、大きく分けて二通りの見方もできるだろう。
一つは「会議にもっとも影響力を与えることができたデリ」(フロアリーダーなど)
もう一つは「国益をもっとも追求し、スタンスを貫き通したデリ」(グループの円滑剤など)

・・・もっとも会議のピンチを救ったなど、追及すべきワードがたくさんあるし、単純に上の2つにも分けられないかもしれないが、、、
それでもあえてその基準でものを言わせてもらうと、
おれが去年の後期に後期でぃれくとして賞をあげたのが前者。
そしてWIPO会議のでぃれくの大川くんは後者に。

・・・会議には数十人という人数が集まる。その中でただ目立てばよいというわけではないのは言うことまでもないのだが、その上で会議監督が何をみるんだろう。優れた人は当然一人ではなく、数人、もしくは十数人、下手すると数十人いるかもしれない。それぞれの人にはその人の良さが見え隠れする。ある子はマネージ力に優れ、またある子はリーダーシップとカリスマ性が輝き、そしてある子は地道な努力と切実な交渉姿勢が人より群を抜いているのかもしれない。どのような頑張りがどのような形でフロントやデリの皆に映るかは人それぞれなのだ。ただ、ベスデリだからといって万人が認める力ある素晴らしいモギコッカーであるとは限らないし、(もちろん評価できる部分が大いにあると認めた上で)そうでないからといって決して頑張りが足りないというわけでもない。

それになんといってもデリとしてモギコクを続けていく際には、でぃれくや交渉する大使との相性という問題もある。。


・・・先日、ある模擬国連の仲間がメールでこんなことを言っていた。
「ベスデリだからといって、絶対的に優れたデリゲートだなんて言えない。でも一つの評価の形ではある。」

そしてそのことはきっと全米団員であった自分にも言えることだろう。
全米団員だからといって優れたデリゲートであるわけと言い切れるわけではない。
全米に行ってほかの人ができない経験をしてきたことは事実だから、それを生かせるかどうかが問題で、その経験を生かせずに、鼻を高くしているのは傲慢であろう。

昨年、全米団員であった自分は果たして前に進もうとしていたのだろうか。
結果だけを求めて努力もしないで一人よがっていたのではないだろうか。
違うと反論したいが、どことなく自分がおごっていた事実も認めざるを得ない。
そしてそのことを知っていたから今回は努力と準備を怠らなかったはずなのに、結局結論もでないまま胸の奥には腑に落ちないただひとかけらの不甲斐無さが残る。

とはいえ、本当は分かっている。
納得できるかはおいとくとして、理解は出来る。
そして認め、賞賛することも出来る。

ただ、自分に欠けているものがあったことも認める。
この思いを解消するために次回までにその欠けたものを埋めていきたい。
その上で、自分のスタイルを貫き通し自分の理想を追い求めていきたい。
| その他 | 09:47 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:47 | - | - |
コメント
「こういう話」とは?
某友人とは?
気になる。。
| 可美村 | 2006/08/20 1:35 AM |

みんなコメントありがとうー☆
コメント返すつもりだったけど、かなり確信犯的でスルーしてました。ごめんなさい。(笑)
といっても正直に話すと自分の中で今まであの会議を引きずっててしまって、なかなか冷静に整理できなかったんだ。
昨晩関西C.1のでぃれくとチェア、USと語る機会があって、今となってはだいぶ消化できてきたけど、、

ベスデリ論に関しては素直にかみそんをはじめにみんなの言う通りだと共感できる。
ただ、やはりきゃめも書いたようにせっかくモギコクやっているんだから、そのインセンティブを求めたくなるデリ(おれみたいな?(苦笑))もいるのが当たり前だろう。・・・もっとも自分みたいに感情を表に出してないだろうが。(爆)

・・・こういう話をするとすげー難しいし、改めてモギコクの深さについても考えさせられる。もっとも広く賛辞を得られるという点ではをまつの言うように投票もいいと思うが、ただ、会議ってやはりでぃれくあってのものだから、独眼的になるだろうけど、それでもでぃれくに決めてほしいという念もあるのが素直な気持ちかな。。

ってかみんな熱いね◎
(・・・それもあるけどそういえば、かみそんはただ単にこういう話が好きなだけ!?って某友人から聞いた気もする(笑))

| JIN | 2006/08/18 9:08 PM |

ベスデリはいらないけど、
ワーストデリゲートはほしい。
| 伊織ちゃん | 2006/08/18 1:22 PM |

>Zin
何かコメントくれ
| 可美村 | 2006/08/17 10:59 AM |

ベスデリはインセンティブとして模擬国に欠かせないものだけれど、東京みたいにディレクがベスデリを選ぶのは、限界もあるかもしれません。
宇都宮はベスデリなどのアワードをデリの投票(コメントつき)で選んでいますが、会議にはフロントに見えない部分があることは確かです。去年後期にディレクやって、ベスデリ投票のコメントとか見たら、気がつかなかった部分がたくさん出てきました。
| をまつ | 2006/08/13 6:41 PM |

お初にコメントします
可美村が言うようにまぁ適当だとおもうょ。
ディレクやってそれ思ったし。(笑)
インセンティブ制度として完全になくしてしまうのはちょっともったいないから、どうにか改善の道を模索したいね。

ただ模擬国のインセンティブがベスデリを取ることだけになってしまうなら、それはもう残念。バランスの問題だと思うけど難しい。
| きゃめ | 2006/08/13 3:20 PM |

ベスデリ。確かに会議をやっていれば意識はするだろうけど、狙ってまで獲るほどの者じゃないと思う。
単なるディレクと言う会議を運営する一個人の評価なんだから。

全米ではアウトスタンディングを目指していたけど、それはディレクが評価するんじゃなくて大会の運営者が代表団全体を評価するわけだったからね。

オレは自分で満足する行動が出来ればそれでいいと思うなぁ〜

「頑張れば結果は付いてくるもの」程度に意識すればいいのかもね。

from 関西大会で引退が濃厚な鉄平君より
| てっぺー | 2006/08/13 1:31 PM |

 べスデリって本当に適当だと思わない?
 ディレクやった人間なら誰でも分かると思うんだけど、40人近くの参加者一人ひとりのパフォーマンスを公平に評価することがいかに不可能で妄想にすぎないかってあまり理解されてないよね。参加者の発言や政策全部細かく完全に把握できるかよと。単に目立った行動やたまに目撃した行動しか判断基準ないし。もしディレク経験者が「自分は客観的にべスデリ選んだ」とかぬかすようなら、俺はその人の傲慢さを非難したい。
 大体選ぶ基準に関して何ら客観性はないし、ディレクに丸投げされている。別にお遊びでべスデリがあるならいいけど、そんな風潮でもないよね。あんな厳粛に表彰するには評価体制が適当すぎる。
 もしべスデリ制度を継続的にやりたいのであれば採るべき道は2つしかないように思う。まず定量的な評価基準を確立して審査員10人くらい置いてデリ全員を客観的に評価するか、もしくは最初からお遊びでやるか。


 挑発的なことを言ってみて議論をさそってみる。荒らしたら許して★
| 可美村 | 2006/08/13 1:30 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jinnn.jugem.jp/trackback/11
トラックバック